東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

スタッフブログ

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の清岡です。
 
古くから一般的にホルマリンを用いられています。
これはホルムアルデヒドの37%水溶液です。
歯の根の治療、つまり根管の消毒のために便用され、歯科特有の消毒薬です。
 その成分であるホルムアルデヒドは発がん性があるため、
慎重に取り扱うことが義務づけられています。
歯科での便用はごく微量であるため、ほとんどの影響はないとされています。
抗生物質などの代替の薬品が現在、検討されています。

参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の清岡です。

 歯根の病気が生じると痛みを覚えることが多いことから、
痛み止めの薬を服用することが多いです。
歯科では鎮痛薬として、二つのものがよく便用されています。
 それらは商品名でボルタレンとロキソニンです。
いずれも非ステロイド性のものです。
 最近、胃腸粘膜にやさしい薬が開発され(商品名:セレコックス)、
有用とされています。またケロリンを服用している方もいます。
 歯の病気は痛み止め薬で完治しませんので、早めに歯科医院を受診してください。

参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の清岡です。

細菌によって腐敗した歯ズイおよび感染した根管内容物の除去を行います。
この時は、かむと痛みを覚え、根の先端部に腫れを生じ、
時としてその腫れは顔面に重症になるケースもあります。

治療法としては、器具を用いて根管内の腐敗産物を取り除き、
薬剤などを使用して根管内の消毒を行い、無菌化を図り、固形剤用いて根管の修復を行います。
この治療においては、治療回数が必要であり、症状の消失とエックス線検査の
結果を判断して治ゆを確認します。

この治療法でほとんどが治ゆしますが、時として発生することがありますので、
定期的なチェックが必要です。
エックス線検査を行うことが望ましいです。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちは、東大阪市中野荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の清岡です。

歯ズイが虫歯によって感染し、生活反応が消失した状態となり、
神経(歯ズイ)を除去する方法です。
この時には我慢ができない痛みを自覚することが多いです。
まず、最初に麻酔を行い、感染内容物(感染した神経、歯ズイのこと)をはりのような
器具を用いて除去し除去部分(根管と言います)の消毒と清掃を行い、
消毒液を貼薬します。最終的には根管に固形薬物を詰めます。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著

 
こんにちは 東大阪市中野 荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。

今回のは前回の続きになります。

2.根管内の神経(歯髄)を取り除く方法(歯髄除去法)

歯髄がむし歯によって感染し、生活反応が消失した状態となり、
神経(歯髄)を除去する方法です。
この時には我慢ができない痛みを自覚することが多いです。
まず、最初に麻酔を行い、感染内容物(感染した神経、歯髄のこと)を
針のような器具を用いて除去し、除去部分の(根管と言います)の
清毒と清掃を行い、消毒液を貼薬します。
最終的には固形薬物を詰めます。

「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

こんにちは 東大阪市中野 荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。

歯の根の治療について

1.保存的治療

正常な歯の神経(歯ズイと言います)を正常な状態に戻す方法です。
早期の治療が必要です。
歯髄(しずい)への侵襲が初期の状態においては、う蝕部のみを除去し、
痛みの消失を図り、歯髄を保護することができます。
歯の長期的な寿命を考えると、歯髄を保存することが大切です。


「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

こんにちは。
東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の清岡です。


・むし歯が歯の中の神経(歯ズイと言います)を浸している状態を、
 歯科では「歯ズイ炎」と言います。

・初期の歯ズイ炎は冷水や甘味、酸で痛みを覚えます。
 その痛みは短時間です。

・放置していると炎症は進み、温かいものに痛みを覚え、
 そして痛みがなくならない状態となります。

・さらに放置を進めると、かむと痛みを覚え、腫れを自覚します。



参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の清岡です。


約6カ月・・・・・乳歯の前歯が生えはじめます。
      乳歯の前歯が生えはじめます。
      離乳食の後にはガーゼなどで歯をふいてあげましょう。

約1歳・・・・・・乳歯の前歯の上下が生え、乳歯の奥歯が生えはじめます。
      歯ブラシになれたら寝かせミガキを行いましょう。
      1日1回の習慣をつけるように心がけましょう。

約1歳6カ月・・・月・・・・・乳歯の前歯が生えはじめます。
      乳歯の前歯が生えはじめます。
      離乳食の後にはガーゼなどで歯をふいてあげましょう。

約1歳・・・・・・乳歯の前歯の上下が生え、乳歯の奥歯が生えはじめます。
      歯ブラシになれたら寝かせミガキを行いましょう。
      1日1回の習慣をつけるように心がけましょう。

約1歳6カ月・・・乳歯の奥歯でかみ合うことができる時期です。
       子ども自身で歯ブラシの習慣をつけましょう。

3歳・・・・・・・乳歯が生えそろいます。定期健診を受けましょう。




「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

令和元年10月22日火曜日は、休診となります。

こんにちは。東大阪市中野荒本駅近く


香川東大阪歯科医院のスタッフです。


乳歯は、永久歯が健全で正しい歯並びで生えるための大切なリード役です。


乳歯を早期に失うと、永久歯の歯並びに影響を及ぼします。


そのため、乳歯の虫歯の治療は早めに。


乳歯が生え変わると、安心してはいけません。


指しゃぶりについてはそれほど無神経になる必要はありませんが


過度の指しゃぶりは上下の歯のかみ合わせに影響を与えることがあり


前歯の間に大きなすき間をつくる恐れがあります。


「お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」