東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

スタッフブログ

こんにちは。東大阪市中野 荒本駅近く香川東大阪歯科医院の桂です。

骨は添加と吸収を繰り返しています。

骨粗しょう症は、そのバランスが吸収に傾き、骨の密度 骨質の低下が起こります。

骨粗しょう症患者の歯周病の進行は早く、その治療に関しては、

骨粗しょう症治療薬(ビスフォスフォネート剤など)が服用されていることから

歯周病の治療中に骨壊死を起こす可能性があります。

歯周病の治療に十分の注意を払う必要があります。

「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」
こんにちは。東大阪市中野近く香川東大阪歯科医院の桂です。

糖尿病による高血糖が持続すると、網膜症、腎症、神経障害などの

合併症がおこりますが、それらに加えて

歯周病も合併症の一つとして注目されています。

歯周病と糖尿病の悪化との間に関係があり、歯周治療により

血糖コントロール(HbAIC)が改善されることが注目されています。

「糖尿病患者には、積極的な歯周病予防が重要です」

また、肥満が歯周病の進行に関係していると言われています。

歯周治療を行うことによって、LDLコレステロール値、総コレステロール値が

減少したとの報告もされています。



「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

こんにちは。東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の桂です。

妊娠中に歯ぐきから出血しやすくなる妊娠性歯肉炎の頻度は高く

その発現は35%以上にのぼると言われています。

妊娠性歯肉炎は女性ホルモンの上昇が関係しています。

黄体ホルモンのプロゲストロンの上昇によって、歯ぐきに炎症が起こりやすく

歯ぐきの血管に作用して出血傾向が高くなります。

また、女性ホルモンは歯と歯ぐきとの間のみぞの中に生息する細菌の栄養源となります。

妊娠の初期にはつわりで気分が悪くなり、歯みがきがおろそかになり

歯垢の蓄積を招きやすいことも関係しています。

これらのことから、妊娠中は歯ぐきに炎症が起こりやすく結果として出血しやすくなります。

妊娠性歯肉炎の治療としては、歯みがき法の指導、歯石の除去を行い

プラークコントロールを中心に処置します。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」
こんにちは。東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の桂です。

歯周病が進行すると、痛み・腫れを自覚することがあります。

その要因は、歯周ポケット内に蓄積したプラークおよび不適切な

かみ合わせが当たる原因です。

歯周炎の進行に関与する数種の殺菌がポケット内で増殖し

歯を支える骨の呼吸が始まり、ポケット内で蓄積した

プラークの刺激によって痛みおよび腫れが生じます。

治療法は、ポケット内のプラークの除去行い、歯の根の表面に

付着している感染物を機械的に数回に分けて取り除きます。

ここで、知っておくべきことがあります。お口の中の細菌、つまり

お口の中に形成されたプラーク中の細菌が全身に影響を及ぼすことが明らかになり

プラークが血管系疾患、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があることです。

とくに、高齢者の人たちは健康維持のために、プラークコントロールが重要です。



参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」




こんにちは。


東大阪市 中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の中谷です。



世界中で最も多くの人がかかる感染症は、
カビと歯周病と言われています。


日本でも成人の8割が歯周病の症状があると
言われています。


歯周病は、お口の中の細菌によって
引き起こされる感染症です。


お口の中には300種類以上の細菌が生息し、
その1割が歯周病に関係していると言われています。


歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称です。


歯肉炎とは歯ぐきだけに起こる病気で、
それが進行すると、
歯を支える骨を含む組織にまで炎症が及び、
歯周炎となります。


歯肉炎は歯肉の表面から内部に向けて
炎症が進むため、
症状の悪化に気づきにくいのです。


このため歯周病は「沈黙の病気」と言われいます。





参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著


こんにちは。


東大阪市 中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の中谷です。


歯周病は、もっとも罹患率(りかんりつ)の高い感染症であり、
口腔細菌によって引き起こされます。


歯周病が進行すると、歯を支える骨などの組織が破壊され、
ついには歯が抜けてしまいます。


歯周病の中で難治性のものは7~9%と言われており、
有効な治療はないと言われています。


バイオフィルムとは、特定の歯周病原因菌が集合体を
形成したものです。
薬物が浸透しにくい状態にあります。


この集合体が歯周病の発症と進行に関与しています。


ポルフィロモナス・ジンジバアリス(Porpyromonas gingivalis)が
集合体に占める割合が高いです。   


薬物療法として、歯周ポケット内に
塩酸テトラサイクリンという抗生物質が応用されています。


また近年、ジスロマックという薬物の投薬が
有効であることも明らかになりました。






参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著



こんにちは 


東大阪市中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の桂です。


歯周病は、歯の周りの歯ぐきと歯の周囲の
骨に炎症が及ぶことによって起こります。

その症状の原因は、歯の周りに付着している
プラーク(歯垢=バイオフィルム)の存在です。
この病気は、「歯肉炎」→「歯周炎」→「重度の歯周炎」の順で進行します。


歯周炎の時は、歯ミガキの時に出血を認めます。
歯周炎に進行すると、歯と歯ぐきとの間にすき間が生じ


これを「歯周ポケット」と言い、いわゆるポケットのようなものが
歯の周りに形成され、プラークがたまりやすい状態を生じます。
 


その後、炎症が進行すると、歯を支えてる骨が吸収し、
破壊され、歯ぐきに腫脹(腫れ)、口臭、および出血を認めます。

さらに、放置すると、歯の動揺を自覚し、その後、歯を失います。
「歯周病の原因は、歯のプラーク、ことバイオフィルムが主役と言われています」




「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」



こんにちは。


東大阪市 中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の中谷です。



40歳を過ぎると、歯周病で歯を喪失する
傾向が高くなります。


20歳ごろから歯肉に炎症が起こり、
30~40歳ごろに歯の周囲に歯肉炎が発症し、
50歳ごろに進行する確率は80%と言われています。


このようなことから、
「歯周病は生活習慣病」とされています。


歯周病は、食事や歯みがき、過労、喫煙などと
密接に関係していることが判明しています。


「歯周病の発症には、口臭の有無が大きな目安となります」




参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著


こんにちは。


東大阪市 中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の中谷です。



1人当たりの自然の放射線量は年間で、
2.4ミリシーベルト(mSv)と言われています。


各種エックス線写真検査の一回の
放射線の実行線量は、以下の通りです。


・胸部エックス線コンピューター断層検査(CT)  6.9mSv
・胃のエックス線写真検査           0.6mSv
・胸のエックス線写真検査           0.05mSv
・歯のデンタルエックス線写真検査        0.04mSv以下
・歯のパノラマエックス線写真検査         0.04mSv


このように、
歯のエックス線写真検査は他の検査より、
実行線量は少ない傾向にあります。




参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著





こんにちは。


東大阪市 中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の中谷です。


①プラークコントロールとは


歯の表面およびその周辺にすでに付着している
プラークの除去とその防止を目的としています。

すなわち、歯みがき、ことブラッシングのことです。


ブラッシングは、プラークの除去に加えて
歯肉をマッサージし、
血行をよくすることです。


ブラッシングの方法には数多くありますが、
プラークの除去は歯ブラシの毛先で行うことが重要です。


一般的に1カ月で歯ブラシを交換することが
望ましいです。


硬い歯ブラシは歯などを
傷つける可能性があります。






参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著