東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

スタッフブログ

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


だ液は99%以上が水分であり、1日に0.5~1.5リットルが
分泌されます。(耳下腺、顎下腺、舌下腺から)。
サラサラだ液は消化作用および抗菌作用などの特性を
有します。しかし老化に伴い、耳下腺などの腺細胞に
変化が生じ、サラサラだ液が少なくなり、ネバネバだ液が
多くなります。このことから、だ液のよい作用が消失
していきます。よって、だ液の状態(サラサラだ液か、
ネバネバだ液か)を自身で知ることが健康のために重要です。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


お口の中の乾燥がひどくなると、食べ物が飲み込みにくくなり、
口臭や声がかすれて話しにくくなり、痰の切れが悪くなるなど
口の機能の全体が低下します。お口の乾燥を防ぐために、
だ液腺マッサージを勧めます。だ液腺には耳下腺、顎下腺、
舌下腺があります。

耳下腺マッサージは、人差し指を耳たぶ下、やや前方に
あてます。人差し指から小指までの4本の指を頬にあて、
後ろから前に向かって押します。顎下腺マッサージは、
指をあごの骨の内側の軟らかい部分にあて、耳の下から
あごの下まで5ヶ所くらい順に押します。舌下腺マッサージは、
両手の親指をそろえ、あごの真下から舌を突き上げる
ようにゆっくりグーッと押します。

マッサージすることにより、お口の動きがよくなります。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちわ東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


お口の乾燥によるものであり、日常生活においてお口の渇きを
感じます。多くは中高年の人に認められます。

症状としては、お口の中、舌にヒリヒリ感を有します。
また、食べづらいなどを自覚し、会話が困難となり、入れ歯の
安定が悪くなることがあります。これらは、だ液の分泌量の
低下によるものです。

ドライマウスになると、真菌などの悪玉菌がお口の中で
増殖し、口内炎などが生じます。さらに、誤嚥性肺炎に
注意を払う必要があります。

治療法としては、人口だ液、だ液腺ホルモンを使用する
ことがあります。水分を適度に摂り、頻繁にうがいをして
お口の中を清潔にすることが大切です。また、だ液腺の
マッサージも有効です。


参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


プラークが全身に影響を及ぼします。お口の中の状態が
不良なまま入院すると、肺炎などの合併症が発生しやすくなります。

放射線療法や化学療法によって口腔乾燥や口内炎などが
生じる可能性があることから、お口の衛生状態が不良だと、
症状が悪化する恐れがあります。

入れ歯の調整を行うことによって、退院後の普通食への移行が
しやすくなり、消化管の機能低下による栄養状態の低下を
防ぐことができます。


参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の友森です。

食べ物飲み込む時に、本来、気道に入るべきものではないものが
入り込むことを誤嚥と言います。
誤嚥性肺炎は高齢者に多いです。誤嚥は食事中にもっとも多く発症
することからお口に入れる食べ物の量と形に気をつかう必要があります。

また、お口の中には感染源となる口腔細菌が生息していることから
プラークコントロールが重要です。

さらに、誤嚥性肺炎は寝ている時に発症しますので、寝る前のうがいを
お勧めします。

内科的にもお口のケアによって、誤嚥性肺炎の予防効果が期待されています。

参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


入れ歯の不適合から、入れ歯と歯ぐきとの間にすき間が生じる
ことによって入れ歯が外れやすくなり、また、そのすき間に
食片が入り込むことが要因となり、安定剤を使用します。

基本的には、入れ歯安定剤の使用は避けるべきです。

歯の欠損に伴い、お口の中の環境が変化します。入れ歯の方に
対しては、お口の中に悪玉菌(カンジダ菌など)が多く生息している
傾向にあります。入れ歯の安定剤にはそれらの細菌が付着する
傾向にあり、よりよいお口の環境をつくることは難しいのです。
入れ歯に付着したプラーク内の細菌が肺炎などを引き起こす
可能性があります。
このことから、入れ歯の不適合を認めた時には歯科医院を訪れ、
入れ歯の調整を行うことが、全身の健康に重要です。そして
全身への影響を考え、入れ歯を清潔にすることが大切です。


参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の友森です。


かむことは日常的なもので、むし歯、歯の欠損からかみ方に異常を
認め、かむことに関係する筋肉運動に差が生じ、頭痛、肩こりなどを
引き起こすことがあると言われています。

このような時に、かみ合わせのトレーニング(ロールペーパーなどを使用)を
行い、バランスよくかむ習慣をつけると改善することがあると言われています。

いずれにせよ、専門医への相談を勧めます。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


あごを動かす時、痛みを感じたり、スムーズに動かなくなったりする
状態を「顎関節症」と呼びます。上あごと下あごのクッションが
外れたり、関節内部で炎症が生じた時に痛みを覚えます。

通常、食事中を除き、上下の歯がかみ合う時間は1日に
20分程度と言われています。

治療に関しては、痛みが生じる時期を調べます。
朝に痛みが強ければ睡眠時に、日中などは仕事時に無意識に
歯をくいしばる傾向が強いと考えられます。

このことから、なるべくあごに負担をかけないことが大切です。

マウスピースはあごの負担を減らす可能性がありますが、
その効果ははっきりしていません。

日常において、あまり硬い食べ物は避けるべきです。

また、睡眠中は仰向けなら、首と背骨の角度が5度程度が
といとされています。

いずれにせよ、あごの関節部に痛みを覚えたならば、
早めに歯科医院を訪れることを勧めます。


参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。


人のあごの動きは複雑なものです。

お口を開閉するあごの関節(顎関節)は周囲の筋肉に支えられて、
前、後、回転と見事なまでの複雑な動きをします。
その精妙な動きは、小さな負担が重なるだけで障害が生じます。
これが「顎関節症」です。

顎関節症の原因に、歯並びの悪さとかむ力の弱さがあげられます。
どちらも現在の女性に多く、小さなあごの持ち主にみられるのが特徴です。

その症状はあごが痛い、あごが鳴る、お口が開かないなどです。

早めの治療を!!


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著
こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。



食べ物をかむと、その刺激が脳に伝わり、脳内で満腹中枢を刺激する
ヒスタミンと言う物質がつくられます。よくかんで食べると刺激も多くなることから、
ヒスタミンが多くつくられ、その働きで食欲を抑える信号が発せられます。

つまり、よくかむことで、腹八分のところで満足感を得られます。
また、よくかむことが習慣になれば、食べすぎからくる肥満を防ぐことができます。
ダイエットになります!!

よくかむ習慣をつけるためには、あらかじめ30回程度の回数を決めて
食べることをお勧めします。



参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著