東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

むし歯になりにくい糖について

おはようございます。香川東大阪歯科医院の古川です。

今日は、むし歯になりにくい糖についておはなしです。

 

むし歯は、むし歯菌が食物中の炭水化物を分解・発酵させ、乳酸という酸を生産し。歯の表面を溶かします。よって、炭水化物、こと砂糖(スクロース)がむし歯の発症に重要な役割をはたしています。

 

 私たちは毎日さまざまな形でスクロースを摂取しています。

 

 日常生活で甘味を摂らずに生きていくのは無理なので、少しでもスクロースを減らす方法として代用糖の利用があります。

 

 それらには、ソルビトール、キシリトール、サッカリンという代用糖があります。

 

 ソルビトールは吸湿性が強く、歯みがき剤に10%前後含まれています。また、糖尿病患者用の甘味料として使用され、チューインガム、キャンディーなどにも使用されています。

 

 キシリトールは多くの野菜や果物に含まれています。スクロースと同程度の甘味をもち、スクロースに比べ、プラークを形成する能力がきわめて少ないことから、むし歯の予防に役立つといわれています。

 

 サッカリンはスクロースの500倍の強い甘味をもちます。ダイエット用の非カロリー性甘味料として清涼飲料水やアイスクリームなどに利用されています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: むし歯になりにくい糖について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする