東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

なぜ、再度歯の根の治療が必要になるのか?

 

 

こんにちは!

香川東大阪歯科医院の根田です。

 

歯の根の病気はむし歯進行し、感染が歯の神経(歯ズイといいます)に及び、

歯の根の中に細菌が定着することにより、

歯の根の尖端に病気が発症します。

 

ほとんどのケースにおいて歯の根の治療を行うことによって、

歯の中に生息する細菌は取り除かれますが、

時として歯の根の尖端に細菌が残り、増殖し、歯の根の病気が発症することがあります。

 

歯の根の病気は慢性経過をたどり、症状は急に出ることがないのが一般的です。

歯の根の治療を行った歯について、かむと時々痛みを

覚えることがありましたら、できるだけ早く歯科医院を訪れ、エックス線検査を勧めます。

 

早めの治療を行うと、歯の根の病気は完治します。

いずれにせよ、歯の根の治療を行った歯は歯自体に栄養源がないため、

生活力が低下することから、定期的な検診が必要で、

歯の根の病気はブラッシングなどでは治りません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なぜ、再度歯の根の治療が必要になるのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/138

コメントする