東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

抗生物質(抗菌薬)について






こんにちは。

東大阪市 中野 荒本駅近く 香川東大阪歯科医院の中谷です。






今日は抗生物質についてのお話しです。





歯の病気が重症におちいったときに、抗生物質を利用します.


抗生物質とは、微生物(細菌、ウイルス、カビなど)が生産し、
他の微生物の増殖を阻害する物質のことです。


抗生物質はその構造から7つぐらいに分類され、
抗菌作用から、拡散合成阻害、細動壁合成阻害、たんぱく質合成阻害
に分けられます。


抗生物質は病原性をもつ細菌を死滅させることを目的として
使用しますが、腸やお口などの体内に生息する善玉菌も
死滅させることがあります。


また、抗生物質がきかない耐性菌(MRSA,黄色ブドウ球菌)も
存在します。


歯および他の体の病気を治すために抗生物質を
服用するときは、抗生物質の選択が重要です。


必ず、歯科医師の指示に従ってください。
















参考文献:お口のカベ新聞 山本耕史=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 抗生物質(抗菌薬)について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする