東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

顎関節症とはどのようなものですか?

こんにちは!東大阪市中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の古川です。

今日は顎関節症についてお話しします。


顎関節症は耳の前に存在し、関節を作っている骨、筋肉、靭帯な
どから構成されています。中でも、かむ時に重要な役割をはたして
いるのが関節円板です。
 
関節円盤は舌状の組織であり、骨と骨との間の座布団のよう
なもので、クッションの働きを行っています。関節円板の働きなど
に異常を認めると、種々の症状を呈し、顎関節症が生じます。

 一般的に、お口を開ける時に違和感を認め、開かなくなったり、
かむ時に関節や筋肉に痛みを自覚し、その症状が消失しない時に顎
関節症が生じます。症状はさまざまで、原因も人によってはさまざま
です。筋肉の痛みやこり、あごの周り、こめかみ、首筋および肩な
どに症状が認められます。
 また、時として頭痛、耳鳴り、手足のしびれ、めまいなどの全身に
影響を及ぼすことがあります。



「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 顎関節症とはどのようなものですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/166

コメントする