東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

あごの病気の治療 >>あごの関節が痛い時


こんにちは!東大阪市中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の木場です。


あごを動かす時、痛みを感じたり、スムーズに動かなくなったり
する状態を「顎関節症」と呼びます。上のあごと下のあごのクッション
が外れたり、関節内部で炎症が生じた時に痛みを覚えます。
 
通常、食事中を除き、上下の歯がかみ合う時間は1日20分程度
と言われています。

治療に関しては、痛みが生じる時期を調べます。朝に痛みが強け
れば睡眠時に、日中などは仕事時に無意識に歯をくいしばる傾向が
強いと考えられます。

 このことから、なるべくあごに負担をかけないことが大切です。
マウスピースはあごに負担を減らす可能性がありますが、
その効果ははっきりしていません。

 日常において、余り硬い食べ物は避けるべきです。
また、睡眠中は仰向けなら、首と背骨の角度が5度程度がよいと
されています。

いずれにせよ、あごの関節部の痛みを覚えたならば、
早めに歯科医院を訪れることを勧めます。

「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あごの病気の治療 >>あごの関節が痛い時

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/169

コメントする