東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

睡眠時無呼吸症について>>中年男性の4分の1に!!




こんにちは 東大阪市中野 荒本駅近く
香川東大阪歯科医院の根田です。


これは、睡眠中に無呼吸を繰り返す疾患で、十分な睡眠がとれず、
日中に強い睡眠や集中力の低下を認め、
居眠り運転などを引き起こすことがあります。

睡眠時の気道閉塞によって無呼吸が引き起こされます。

無呼吸が1時間に5回以上あると、病気であると診断されます。
中年男性の4人に1人が無呼吸症候群といわれています。
肥満との関係があり、舌やノドの周りに余分な脂肪があると
上気道が狭くなりやすくなります。

仰向けで寝ると、舌の付け根がノドの奥に落ち込み
無呼吸になりやすいので、横向きで寝るようにしましょう。
治療としてはお口の中にマウスピースのような装着物(スプリント)を
使用することが有効とされています。
装着することにより、鼻から気道へ一定の空気が送り込まれ、
気道が常に陽圧の状態となり、気道の閉塞が防げます。


全身的な要因も考えられることから、医科医療機関での受診をお勧めします。




「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 睡眠時無呼吸症について>>中年男性の4分の1に!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/186

コメントする