東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

むし歯のつめ物(コンポジットレジン)は進化しています

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く 香川東大阪歯科医院のスタッフです。

今からむし歯のつめ物の話をします。

古くは、むし歯(う蝕と言います)の治療に使用するつめ物(歯科材料と言います)

は歯に対して接着することはありませんでした

そのことから、つめ物が取れる可能性があり、

そのつめ物を取れにくくするために歯を過大に削る必要がありました。

「以前には、むし歯の治療を受けた際、思ったより多く削られた」

との意見が多くありました。また、むし歯の治療を行ったにもかかわらず

再度、むし歯が生じることがありました。これを解決することは、難しく

技術の差によるものと言われていました。

そこで多くの研究者たちは、新しいつめ物(コンポジットレジン)

の研究を行いました。私たちもその結果から新しい接着する材料と

方法が開発されました。また、むし歯に対して強い抗プラーク性コンポジットレジン

を筆者のグループが開発し、現在、広く使用されています。





「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: むし歯のつめ物(コンポジットレジン)は進化しています

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/220

コメントする