東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

初期のむし歯について

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院のスタッフです。

今回は初期のむし歯についてお話します。

むし歯はまず、歯の表面に付着しているプラーク下の
エナメル質に起こります。

プラーク内(ミュータンス菌など)で産生される酸が
エナメル質を溶かし(脱灰)、カルシウム、リンが
プラーク内あるいはお口のなかに溶出します。

プラーク内の酸の産生が低下あるいはプラークが除去されると、
だ液中のカルシウム、リンが脱灰されたエナメル質に取り込まれ、
再石灰化(修復)を起こします。

この時にフッ素が多く存在すると、再度、石灰化(修復)が進みます。

このことから、むし歯になりやすい小児期においては、
フッ素の塗布および洗口が有効です。


「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 初期のむし歯について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/223

コメントする