東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

知覚過敏症について

こんにちは。東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院のスタッフです。

今から、知覚過敏症について話します。

強いブラッシング圧、硬い歯ブラシの使用などの過度なブラッシングによって

歯の表面の硬いエナメル質が摩耗し

その下層の象牙質が露出することによって知覚過敏症が生じます。

露出した象牙質には歯の中の神経に向かって細い管を

有していることから、一過性(瞬間的)の温冷刺激を認めます。

成人の100人に20人ぐらいが象牙質知覚過敏症を認めると言われています。

治療法に関しましては、まず正しいブラッシングを徹底し、プラークがない状態を

保つことによって、だ液中のカルシウムが沈着し、再石灰化を生じ

象牙質表面の細い管が閉鎖されます。

またフッ素や塩化ストロンチウムを含む歯ミガキ剤も有効です。

コーテイング材を使用する方法もあります。

これは、露出した象牙質に特殊な樹脂をコーティングすることにより

冷水などの刺激を遮断することができます。

他には、歯科用レーザーを用いる方法があります。

さらに近年では、かみ合わせを調整することで歯にかかる圧力を

調整し、症状を和らげる方法をとる場合もあります。



「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 知覚過敏症について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/224

コメントする