東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

治療した歯がなぜ破折するの?


こんにちは。東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。


今回は治療した歯がなぜ破折するのかです。

むし歯が進行し、症状を認め、歯の中の神経の(歯髄と言います)に
感染が及び、痛みの消失を図る目的で歯の神経の除去を
行うことがあります。

歯の中の神経は血管に富んでおり、歯の栄養源の供給を行っています。
その神経を取り除くと歯の栄養源がなくなり、健康的な歯とはいいがたい状態になります。
このことから、歯の生活力は低下し、将来的に歯の根部が破折しやすくなります。
いわゆる"枯れ木"の状態のようなものです。
よって、早期にむし歯の治療を行い、歯の寿命を考えると、
むし歯の進行に伴う歯の神経の除去は避けるべきです。
むし歯の放置は、歯の寿命を短くします。


「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 治療した歯がなぜ破折するの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/243

コメントする