東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

かぶせ物はどれくらいもつものですか?とくに奥の歯について

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く 香川東大阪歯科医院の松﨑です。




奥の歯(大臼歯と言います)は噛むために必要な歯ですが、
ブラッシングが不適切であるとプラークが付着しやすい歯でもあります。
そのため、もっとむし歯が発生しやすく、処置されるケースの多い歯であり、
奥の歯はかぶせ物の処置の頻度が高いです。
また、再度治療を必要とするもっとも多いケースは、
かぶせ物の下方の歯ぐきのところが露出し、根の表面にむし歯が生じます。
とくに、高齢者に多く認められます。
つまり、かぶせ物の寿命はかぶせ物の周りの歯ぐき付近のところの
ブラッシングの適正度に依存します。




「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: かぶせ物はどれくらいもつものですか?とくに奥の歯について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/249

コメントする