東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

抜歯の方法(親知らずの場合)

こんにちは 東大阪市中野荒本駅近く 香川東大阪歯科医院の山中です。


親知らずは、形態的、位置的な問題点が多く、抜歯(歯を抜くこと)となる率が多い歯です。
そのため抜歯の際は、他の歯に比べ十分な診査が必要です。
抜歯が必要な親知らずとは、不完全な生え方や手前の歯に倒れ込むなど、方向、位置の異常を起こしているために、歯ミガキが十分行えず、その結果、歯ぐきの炎症やむし歯が生じやすい歯です。
また、親知らずの抜歯には通常の抜歯より時間を要することが多く、とくに下顎の親知らずでは、
術後に数日間、著しい腫れを認め、それに伴いお口が開けにくく、ものが飲み込みみくいといった症状を発症するこたとがあります。
親知らずを含む歯の抜歯を受ける際には、術前・術後を通して精神的および時間的な余裕を持ち、体調を十分整えることが大切です。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 抜歯の方法(親知らずの場合)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/250

コメントする