東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

歯根端切除の方法ー根の先の病気が重症なときに行います

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の清岡です。

 むし歯の進行により歯の中にある神経・血管(歯髄)が化膿し、
さらに炎症が進行すると歯の根の尖端付近の顎骨が溶かされ、
そこに病巣(根尖病巣)が形成されます。
 このような状態になった場合、まず歯の神経・血管の入っていた管(根管)を通じて
消毒(根管治療)を行います。
 ただし病状によっては、根管治療のみで治ゆが望めないことがあります。
その場合、歯ぐき(歯肉)を切開し、根尖病巣の原因になっている
歯の根の尖端を一部切端氏、同時に根尖病巣を摘出して患歯の保存を
図ります。(これを歯根端切除と言います)
 順調な経過が得られれば、根尖病巣により溶かされた骨は再生します。

参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯根端切除の方法ー根の先の病気が重症なときに行います

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/252

コメントする