東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

むし歯や歯周病で歯を抜いたら、どうすればよいですか?

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く加川東大阪歯科医院の松﨑です。


親知らずは別として、28本の中の歯を抜いたならば放置するとダメです。
抜いたところの治療が必要です。抜いた歯を治療せずに放置すると、
隣の歯が傾斜し、他の歯の緩みが生じます。
また、抜いた歯が下の歯であれば、上の歯が伸びてきます。

このような状態を数年にわたり放置すると、全体の歯と歯の間にすきまが発生し、
かみ合わせが悪くなると同時に、むし歯、歯周病になりやすくなります。
次いで、顎関節つまりあごの病気が発生します。

1本の歯でも抜いた状態が長期にわたると、お口の病気が全体に波及していきます。
早期の歯の欠損治療をお勧めします。



「参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: むし歯や歯周病で歯を抜いたら、どうすればよいですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/255

コメントする