東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

口唇ヘルペスについて


こんにちは 東大阪市中野 荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。


口唇ヘルペスは日本人の10人に1人がかかったことのある皮膚の病気で、
「熱の華」などと言われています。
唇やその周りにピリピリ、チクチクするようなかゆみを覚え、
小さな水膨れを起こす病気です。
このウィルスは神経細胞の中に潜んでおり、かぜで熱が出たり、
疲れたり、ストレスにより免疫が低下した時に繰り返し症状が出ることがあります。

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスⅠ型と言うウィルスが原因で起こる病気です。
治療には、抗ウィルス薬の点滴、飲み薬、塗り薬などがあります。
単純ヘルペスは感染力が強く、症状があるときは、水膨れやかさぶたに
なるべく触れないように注意することが必要です。
また、だ液で感染する恐れがあるので、タオルやコップの共有は避けるべきです。
なお口唇ヘルペスは、再発を繰り返すことがあっても治っていきます。



参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 口唇ヘルペスについて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/262

コメントする