東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

「かむ(噛む)」ことの大切さ

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の友森です。


かむことによって、だ液、ホルモンの分泌および脳への血流を促進
するとともに、成長期の子どもたちの成長に役立つと言われています。

かみ方には、主として2つの方法があります。上下にかむことと、左右に
かむことです。前者はかみ砕き、後者はすりつぶす時のかみ方です。
硬いものを食べるときには両者の方法が必要です。


また、ガムをかむことによって、かみ方のトレーニングに役立つと
言われています。


現代人が一度の食事でかむ回数は600回程度と言われ、昭和10年代の
人では1400回程度であったと言われています。

食事以外にガムをかむと、1回の食事と同等程度の580回と言われています。



参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「かむ(噛む)」ことの大切さ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/271

コメントする