東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

入れ歯の安定剤を使用することはいいのですか?

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


入れ歯の不適合から、入れ歯と歯ぐきとの間にすき間が生じる
ことによって入れ歯が外れやすくなり、また、そのすき間に
食片が入り込むことが要因となり、安定剤を使用します。

基本的には、入れ歯安定剤の使用は避けるべきです。

歯の欠損に伴い、お口の中の環境が変化します。入れ歯の方に
対しては、お口の中に悪玉菌(カンジダ菌など)が多く生息している
傾向にあります。入れ歯の安定剤にはそれらの細菌が付着する
傾向にあり、よりよいお口の環境をつくることは難しいのです。
入れ歯に付着したプラーク内の細菌が肺炎などを引き起こす
可能性があります。
このことから、入れ歯の不適合を認めた時には歯科医院を訪れ、
入れ歯の調整を行うことが、全身の健康に重要です。そして
全身への影響を考え、入れ歯を清潔にすることが大切です。


参考文献:お口のカベ新聞山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 入れ歯の安定剤を使用することはいいのですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/276

コメントする