東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

歯ぎしり・かみしめは危険です>>5~15%が歯ぎしりを!!

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


歯ぎしりは睡眠中に行っています。そのため、周囲の人に
知らされて、はじめて気づくことがほとんどです。かみしめは、
日中・夜間にかかわらず無意識に行っています。これらを
総称して歯科では歯ぎしりのことを「ブラキシズム」と
言っています。
ブラキシズムは、歯そのものがすり減ったり、歯を支える骨
(歯そう骨)がなくなるくとがあります。また、歯が割れる
こともあります。歯科では「ナイトガード」と呼ぶものを
装着します。マウスガードのようなものです。これによって
かみ合わせを調整します。
いずれにせよ、かみ合わせを調整する必要がありますので、
歯科医院に行くことをお勧めします。


参考文献:お口のカベ新聞 山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯ぎしり・かみしめは危険です>>5~15%が歯ぎしりを!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/282

コメントする