東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

院内感染について

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の山中です。


1976年、アメリカの在郷軍人集会において、肺炎が蔓延しました。
空調機から殺菌が検出され、調べたところ、その殺菌はレジオネラ菌でした。
レジオネラ菌は地中に生息し、酸素を嫌う嫌気性菌の一種です。
2020年に、新型コロナウィルス感染症が発生し、パンデミックを起こしました。
このウイルスによる院内感染が我が国でも大きな問題となり、医療崩壊の危機をむかえ、長期化傾向にあります。
各国で、このウイルスに対する治療薬とワクチンの開発が進められています。


・体温測定 ≫赤外線体温計とは
院内感染予防対策として、非接触型の赤外線体温計が使用されます。
赤外線は波のような電磁波で、紫外線、電波、放射線も電磁波です。
波長が短いほどエネルギーを持っています。
赤外線はあらゆる物質から放射され、温度が高い物から短い波が、温度が低い物から長い波が放射され、この原理を応用したものがサーモグラフィです。
体温計は物体が出す赤外線を赤外線をレンズで集め、センサーで電気信号に変換して、温度を表示しあす。赤外線体温計は体に触れずに使用できるので、感染リスクが下がります。
2020年のコロナウイルスの流行で注目されました。


・感染の診断のためのPCR検査とは
PCRはポリメラーゼ連鎖反応のことです。
体のタンパク質をつくり、遺伝情報を担っているのが核酸です。
この核酸には、DNAとRNAに2種類があります。遺伝子の本体であるDNAは2本のリボンが巻き付きあったような状態のものです。
それぞれのリボンに4種類の塩基が遺伝情報の順番に並んでいます。
その塩基が1種類の塩基と結合することで2重らせんになっています。
RNAは塩基の一つが違います。人の手で、DNAの一部を大量に増やす方法がPCRです。
2020年には、PCR検査で、人の粘膜などを採取して、新型コロナウイルス特有のDNAの一部が増加しているかどうかを調べ、感染の有無を判断します。


参考文献:お口・歯のあいうえお  山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 院内感染について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/295

コメントする