東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

う蝕(むし歯のこと)とは≫プラーク(歯垢)が歯を溶かすことによって生じる

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の松﨑です。


♦むし歯の予防
むし歯は、食べ物、お口の中の殺菌の3つの要因が重なると生じます。
むし歯は、一度生じると治癒しないと言われていました。しかし最近では、歯の表面の
エナメル質に生じた初期のむし歯に関しては回復する可能性があります。
むし歯の初期段階は表面のエナメル質に起こり、その表面上に形成されたプラーク中に
細菌が酸を生産し、エナメル質が溶けてむし歯が生じます。
噛む面、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目は、むし歯が起こりやすいところです。


・歯質の強化≫フッ素が重要な役割を果たします
丈夫な歯をつくるために歯が生えてきた時に、フッ素化合物としてフッ素を歯の表面に塗る方法、
洗口法、および歯ミガキ剤に配合する方法などがあります。
フッ素はむし歯予防に有効であり、歯の表面を強化します。


・砂糖の制限が重要≫キシリトールが注目されています
糖を摂る量とむし歯の発生との間に重要な関係を有します。
つまり、デザートなどを食べた場合、摂取した糖を利用してプラーク中の殺菌が酸(乳酸など)を
生産し、歯の表面が溶け、むし歯が生じます。砂糖の摂取方法がむし歯を予防するうえで
たいへん重要と言えます。


♦むし歯の治療
むし歯は一つの感染症です。歯の表面(エナメル質)にプラーク(歯垢)が付着し、
そこに生息する殺菌(レンサ球菌)のミュータンス菌などが糖を栄養として酸を生産し、
歯の脱灰(歯が溶けること)によって生じます。むし歯が進行すると痛みが生じます。
歯の病気は、みずからほとんど再生、修復(元に近い状態にもどすこと)する必要があります。

1.コンポジットレジンと言う材料を用いたむし歯の治療
この治療法は、比較的小さなむし歯の処置に用い、審美性にすぐれており、
歯の色に合わせることができます。
このコンポジットレジンという材料はプラスチックと似ている高分子材料であり、比較的新しいものです。
また、歯によく接着する性質を有し、光をあてることにより固まるものです。
コンポジットレジンは単独で歯に接着しないことから、ボンディングと呼ばれる
接着剤をともに用いることで歯に強く接着します。
コンポジットレジンが開発される前には、アマルガムと言う材料が主として用いられていました。
これは金属の粉と水銀を混ぜ合わせたものであり、水銀の人体への影響から現在は用いません。
一般的にお口の中では黒色に変色します。
しかし、60歳以上の人たちにアマルガムを用いている可能性が高いことから、取り外して、
コンポジットレジンなどに取り換える必要があります。

2.金属を用いた治療
歯科領域では、メタルインレー修復法と言われています。この治療法は、広範囲に進行したむし歯の治療に用います。使用する金属は金合金というものです。むし歯を取り除いたところの型を採り、
制作した金属片を、セメントを用いて合着します。金属色であり、かむことに対して安定していることから、奥の歯に用います。

3.レーザーを用いたむし歯の治療→無痛治療法です‼
近年、エルビウムヤグレーザーといった歯科用レーザーを用いて、痛みが少なく、むし歯を削る方法が開発されました。
この方法は、レーザーのエネルギーを歯の構造物であるカルシウムやリンをつないでいる水分成分に吸収させ、むし歯の部分を殺菌しながら、ほぼ無痛で蒸散する(削る)ことができるものです。
これから普及していく最新の方法です。


♦プラークコントロール≫歯ミガキが重要
むし歯がよく起こるところは、①歯のみぞ、②歯と歯の間、③歯と歯ぐきのの間です。
とくに注意してブラッシングしてください。
「歯ミガキがむし歯予防の主役です」
ブラッシングは日常の中で定着したものですが、歯ブラシを当てる方向、角度、圧、動かし方などに個人差を認めます。
したがって、歯の大きさ、歯並びが人によってさまざまであることから、個人に合った正しいブラッシング法を歯科医師のもとで指導を受けることが重要です。年齢には関係ありません。
「口をすすだけで、歯の汚れ、プラークは除去されません」
プラークはネバネバしたもので、水に溶けません。よって、歯ミガキが重要です。
なお、歯ミガキは150~200g(毛先が広がらない程度)の軽い力で小刻み(5~10mm)に動かし、1~2歯を目安とします。


♦ブラッシングで取れない
自分自身のブラッシングで取れない頑固な歯の汚れやプラークは、歯科医院での専用の器材を用いたPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれるクリーニングを行う必要があります。


♦知って得する歯ミガキの2つの方法

・奥歯の歯のみぞに歯ブラシの毛先をあて、1本ずつ小刻みに振動を行います。
歯の表面と裏側には、歯ブラシの毛先を歯面に直角にあて、往復運動を行い、またたてにも動かします。
歯と歯の間にはデンタルフロスなどを用います。

・歯周病予防のための歯ミガキ
前歯と奥歯の表は、歯と歯ぐきの境い目に歯ブラシの毛先を45度になるようにあて、
弱い力で細かく振動します。
奥歯の裏も、歯と歯ぐきの境い目に歯ブラシの毛先を45度になるようにあて、
弱い力で細かく振動します。前の歯の裏は歯ブラシを縦にします。
ここでも、歯と歯の間にはデンタルフロスなどを用います。


♦フッ素入り歯ミガキ剤は有効か?
フッ素はむし歯の予防に役立ちます。
その予防効果はフッ素の濃度に比例します。すなわち、歯ミガキ剤の濃度が重要です。
フッ素の濃度が1,000ppm以上の時が効果的で、その濃度以上のフッ素が
歯の表面に2分程度とどまる必要があります。
しかし、お口の中では歯ミガキ剤中のフッ素(日本では1,500ppmが上限とされています)は
だ液により希釈されることから、具体的にどうすればいいのか?
目安として、
・植毛部の2/3ぐらいに歯ミガキ剤をつける
・奥の歯から磨く
・すすぐ時には、できるだけ少量の水で数回行う
・歯と歯の間および歯のみぞに歯ミガキ剤を届ける ことをお勧めします。

♦電動歯ブラシについて
電動歯ブラシで歯を磨く場合、歯の表面を気づつける可能性があることから、研摩材を含まない
歯ミガキ剤を使う必要があります。
電動歯ブラシで研摩材入りの歯ミガキ剤を使うと、歯の表面のエナメル質を
削りすぎてしまい、トラブルを招く恐れがあります。
また電動歯ブラシは、自動車の自動洗車機と同様で、すみずみまで歯の清掃をすることは困難です。プラークの除去には一般的な歯ブラシなどの併用を勧めます。
電動歯ブラシは1960年代に市販されました。2011年の報告で、回転式電動歯ブラシと横方向の振動式歯ブラシの歯垢除去効果を検討したところ、両者間で除去効果に顕著な差はみられなかったことを明らかにしています。

♦むし歯のつめ物(コンポジットレジン)
古くは、むし歯(う蝕と言います)の」治療に使用するつめ物(歯科材料と言います)は、
歯に対して接着することはありませんでした。
そのことから、つめ物が取れる可能性があり、そのつめ物を取れにくくするために、歯を過大に削る必要がありました。
以前には、「むし歯の治療を受けた際、思ったより多く削られた」との意見が多くありました。
また、むし歯の治療を行ったにもかかわらず、再度、むし歯が生じることがありました。
これを解決することは難しく、技術の差によるものと言われていました。
そこで多くの研究者たちは、新しいつめ物(コンポジットレジン)の研究を行いました。
私たちもその結果から、新しい接着する材料と方法を開発しました。まt、むし歯に対して強い抗プラーク性コンポジットレジンを筆者のグループが開発し、現在、広く使用されています。
このコンポジットレジンの抗プラーク性については、バイオアクティブ新素材:S-PRGフィラーから徐放される6種類のイオンによる効果に基因するもので、さまざまな治療の過程で用いられる歯科材料(GIOMER【ジャイオマー】と呼ばれる)に応用されています。この歯科材料を用いることによって、
口腔内でむし歯や歯周病になりにくい口腔内環境を維持します。

♦古くから使用されているつめ物のアマルガムの今
古くからアマルガムという材料を用いて、むし歯の治療が多く行われてきましたが、現在、日本、
ヨーロッパではその使用頻度は低くなっています。
アマルガムとは、銀、スズ、銅などを含む金属の粉と混ぜ合わせた硬化体です。
これには、毒性を有する可能性の高い水銀を含んでいることから、生体への影響を考え、いまはその使用を避けています。
アマルガムは、お口の中では最初は銀色ですが、経時的に黒色に変化します。
このようなことを自覚したならば、他の材料を用いた再治療を勧めます。


参考文献:お口・歯のあいうえお 山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: う蝕(むし歯のこと)とは≫プラーク(歯垢)が歯を溶かすことによって生じる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/299

コメントする