東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

嚥下=モノを飲み込むこと

こんにちは東大阪市中野荒本駅近く香川東大阪歯科医院の平田です。


・誤嚥性肺炎について 》寝ている時に起こります
食べ物を飲み込む時に、本来、気道に入るべきものでない
ものが、入り込むことを誤嚥と言います。
誤嚥性肺炎は高齢者に多いです。誤嚥は食事中に
最も多く発症することから、お口に入れる食べ物の
量と形に気をつかう必要があります。また、お口の中には
感染源となる口腔細菌が生息していることから、
プラークコントロールが重要です。さらに、誤嚥性肺炎は
寝ている時に発症しますので、寝る前のうがいをお勧めします。
内科的にもお口のケアによって、誤嚥性肺炎の予防効果が
期待されています。

・入院する前に歯科を受信しましょう‼
プラークが全身に影響を及ぼします。お口の中の状態が
不良なまま入院すると、肺炎などの合併症が発生しやすくなります。
放射線療法や化学療法によって口腔乾燥や口内炎などが
生じる可能性があることから、お口の衛生状態が不良だと、
症状が悪化する恐れがあります。
入れ歯の調整を行うことによって、退院後の普通食への
移行がしやすくなり、消化管の機能低下による栄養状態の
低下を防ぐことができます。



参考文献:お口・歯のあいうえお
山本宏治=編・著

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 嚥下=モノを飲み込むこと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/303

コメントする