東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

歯周病の話 その④

 

●歯周組織の構造と特徴(歯周ポケット、付着歯肉など)

 

・歯周病は歯を支える組織の病気です。

歯周病で歯を支える組織が崩壊してしまわないような生活習慣が必要です。

 

 

・歯と歯肉の間に歯周ポケットというものがあって、

歯周病が進行するとこのポケットが深くなっていきます。

このことは、歯を支える顎の骨がなくなったことを意味しています。

 

これ以上、顎の骨が減らないよう治療やプラークコントロールが必要となります。

歯周病になると、歯の周りを囲んでいる歯肉が下がってきます。

見た目には歯が長くなったような気がしますが、

歯を支える部分が少なくなった表れです。

 

このような場合に、歯と歯の間のブラッシングを怠るとますます歯周病の進行が早まります。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病の話 その④

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/51

コメントする