東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

歯周病の話 その⑥

 

 

口臭との関係について

 

歯周病になると歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)内のプラーク中の細菌が、

タンパク質を分解、腐敗させることによって、口臭を発生させることになります。

このため、まずはプラークを除去することが大切になります。

 

 

 

ブラッシングの必要性

 

歯周病の原因菌を減らすためにはプラークを減らすことが一番重要です。

ところが、このプラークはうがいではほとんど取り除くことは出来ません。

やはり歯磨きをすることが必要となります。

 

 

 

歯列不正と歯周病について

 

歯並びが悪いと清掃がうまく出来ず、歯周病になりやすい状態となっています。

このような場所では一本一本の歯を歯間ブラシなどの補助器具なども使用して

特に念入りにプラークを取り除くことが必要となります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病の話 その⑥

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/53

コメントする