東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

高齢期その⑦

                                      

 

                                             残存歯数と聴力の関係  

                   

 ●ご自分の歯が多い人ほど聴力が良いことがわかっています。 

いいコミュニケーションをとるためにも歯を残す

良い生活習慣を。

 

 

 

良く噛めることと認知症との関係

 

●噛むたびに顎が動いてそのエネルギーが脳に伝わり、

脳の働きを良くすると言われています。

食事のときに良く噛むことが重要です。

 

 

 

8020とQOLの関係について

 

●80歳で20本のご自分の歯があることは噛めるばかりでなく、

好きなものが美味しくいただけ、口元の美しさが保たれ、

発音もしっかりし、会話の楽しさにもつながり生活の価値が高まります。

64歳で24本、55歳で25本とも言われています。

目標としてください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高齢期その⑦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/97

コメントする