東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

高齢期その⑨

 

 

こんにちは!

 

香川東大阪歯科医院の進です。

 

 

今日は、常用薬剤の影響に関するお話をします。

 

 

 

 

まず、始めに内服薬の副作用で唾液が

減少することについてなのですが

 

降圧剤や向精神薬、鎮咳去痰薬などで普段飲んでいる

お薬の中には副作用で唾液の分泌が減ってしまうものがあります。

唾液が減ると口臭、義歯の当りが出る、

むし歯になるなど口腔内に直接大きな影響が出ます。

人工唾液などもありますが、とりあえず

こまめに良くお口をゆすぎましょう。

 

 

 

 

 

次に内服薬の副作用で歯肉が肥厚、

硬結することについてお話します。

 

降圧剤の中には、歯肉を肥厚、硬結させてしまうものがあります。

結果的には歯周病になったり、歯周病の治療効果が上がらなくなったりします。

このようなお薬は口腔に関係が大きいので、

服用している方は歯科医に必ず申し出てください。

 

口腔のケアもその分心がけが必要です。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高齢期その⑨

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/99

コメントする