東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

歯周病とは、「歯肉炎」と「歯周炎」の総称

 

こんにちは!

香川東大阪歯科医院の根田です。 

 

 

歯周病は、歯の周りの歯ぐきと歯の周囲の骨に

炎症が及ぶことによって起こります。

その炎症の原因は、歯の周りに付着している

プラーク(歯垢=バイオフィルム)の存在です。

  

この病気は、「歯肉炎」→「歯周炎」→「重度の歯周炎」の順で進行します。 

 

歯肉炎の時は、歯みがきの時に出血を認めます。

歯周炎に進行すると、歯と歯ぐきとの間にすき間が生じ、

これを「歯周ポケット」と言い、いわゆるポケットのようなものが歯の周りに形成され、

プラークがたまりやすい状態が生じます。

 

その後、炎症が進行すると、歯を支えている骨が吸収し、

破壊され、歯ぐきに腫脹(腫れ)、口臭、および出血を認めます。

さらに放置すると、歯の動揺を自覚し、その後、歯を失います。

 

歯周病の原因は「歯のプラーク、ことバイオフィルムが主役」と言われています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病とは、「歯肉炎」と「歯周炎」の総称

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする