東大阪市の歯科 インプラント・審美歯科・矯正歯科・歯周病(歯槽膿漏)治療のことなら香川東大阪歯科医院。 休日診療 土曜・日曜も休まず診療しております。
東大阪市の歯科医院 香川東大阪歯科医院

なぜ、歯の周囲にプラークが蓄積すると痛み、腫れが生じる?

こんにちは!

 

香川東大阪歯科医院の中谷です。

 

歯周炎が進行すると、痛み・腫れを自覚することがあります。

その要因は、歯周ポケット内に蓄積したプラークおよび不適切な噛み合わせが主たる原因です。

歯周炎の進行に関与する種類の細菌がポケット内で増殖し、歯を支える骨の吸収が始まり、ポケット内で蓄積したプラークの刺激によって痛みおよび腫れが生じます。

治療法は、ポケット内のプラークの除去を行い、歯の根の表面に付着している感染物を機械的に回数に分けて取り除きます。

ここで知っておくべきことがあります。

お口の中に形成されたプラークの中の細菌が全身に影響を及ぼすことが明らかになり、プラークが血管系疾患、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があることです。

とくに、高齢者の人たちは健康維持のために、プラークコントロールが必要です。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なぜ、歯の周囲にプラークが蓄積すると痛み、腫れが生じる?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://higashiosakashika.com/mt/mt-tb.cgi/111

コメントする